保育士資格なら通信で学習TIME~夢の仕事へ大前進!~

保育士

幼稚園で働く

種類の異なる資格

文房具

幼稚園教諭の資格は幼稚園の先生として勤務するためには必ず必要な資格であり、必要な単位を修めて取得をする必要があります。この資格を取得するためには基本的に大学において勉強をする必要があります。幼稚園教諭には大きく分けて3つの種類があり、この種類によって採用される確率や給与などの部分に反映されるケースがあるので注意が必要です。短期大学などの2年生大学で取得することができるのが2種免許、4年生大学を卒業することによって取得することができるのが1種免許、大学院を卒業して取得できるのが専修免許です。同じ幼稚園教諭になるための資格ですが、採用時の条件などに違いが出てくるため、進学をするときには注意が必要です。

ほとんどが1種

近年では高校生の多くが大学進学を希望していること、また進学先の大学としては4年生過程を保有しているところが多いために幼稚園教諭の資格も1種免許を取得している人が多くいます。幼稚園教諭の教員養成専門課程を設けているところも4年生過程が増えています。これは、4年間学ぶことによって専門知識を深く学ぶことができること、教育実習などをしっかりと行うことができるなどが大きな理由です。今後は幼稚園教諭と保育士の資格を一体化させる予定が出ているなど資格に関する規定が大きく変わることも予想されています。そのため、今後この資格を取得予定の人は世の中の情報をしっかりとつかんでおく必要がありますが、今の段階では幼稚園教諭の専門課程を売りにしている大学も多くあります。